top
@ぴゅあにっく | レンタルサーバー、ホスティング、サービス

CGI・SSI・PHP・SENDMAILの仕様

現在のサーバーの仕様は以下の通りとなっております。

※ご契約時期のサーバーにより違いがございますのであらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

言語 ver 説明
Perl 5.8.8 パスは/usr/bin/perl
Ruby 1.8.5 パスは/usr/bin/ruby
Python 2.4.3 パスは/usr/bin/python
PHP 5.1.6 配布元の指示に従って変更を行ってください。
MYSQL 5.0.77

その他

言語 説明
CGIのディレクトリ /cgi-binディレクトリへ設置していただけます。 httpdocsにてご利用する場合は.htaccessを利用していただく必要がございます。
自作CGIの設置 利用可

※ご利用前に十分ローカル環境にてテストしてください。万一CGIを暴走させるなどして、サーバーをダウン及び負荷をかけるような運用をされた場合は、次回以降CGIのご利用を一切ご遠慮いただくことになりますのでご注意ください。

ホームディレクトリのパス /httpdocs
NKFのパス /usr/bin/nkf
Image::Magickの利用 利用可。パスは /usr/bin/convert
gzip 利用可。パスは/bin/gzip
SSIについて 拡張子は.shtmlになります。
sendmailのパス /usr/sbin/sendmail

.htaccessについて

htaccessとは

ホームページにパスワード制限をかけたり、Webサーバーの設定を変えたりする場合に使う仕組みです。CGIやSSIが動作するために設定する場合もあります。

htaccessを編集するには?

,htaccessファイル自体は普通のテキストファイルですので、テキストエディタなどで編集可能です。windowsマシンなどの場合、「,(ドット)」から始まるファイル名は使えませんので、「htaccess.txt」などの別名で編集してFTPでアップロード後に名前を変換するのが一般的です。

.htaccessを設置するには

作成された.htaccessファイルを設定したいフォルダにFTPでアップロードします。.htaccessが設置されたディレクトリ及びそれ以下全てのディレクトリに対して、設定が適用されます。

パーミッションについて

パーミッションとは

パーミッションとは、ファイルやディレクトリに対するアクセス権のことをいいます。一般的にはWebでは複数のユーザーが1台の機械を共有するために、自分のファイルを他人に不正操作されないためにアクセス権(パーミッション)を設定することができます。アクセス権(パーミッション)を正しく設定する事で、大切なファイルを守ることができます。

パーミッション設定の必要なケース

一般的なhtmlファイルの場合、特にパーミッションの設定は必要がありませんが、以下のケースのような場合に、設定が必要となります。掲示板やアクセスカウンターなどの設置の際には必ず必要となります。

パーミッションの設定方法

各種FTPソフトにて設定が可能です。

Untitled Page